2022/01/18

2022年度(第68回)新年総会開催のお知らせ

LA稲門会会員皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素はLA稲門会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

来る3月13日(日)恒例のロサンゼルス稲門会の新年総会を下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。 今回の新年総会は第68回となり、70周年に向けてまた新たな一歩を踏み出せるよう、当会としましては盛大なものとしたいと考えております。尚、過日郵送されました案内状には2月6日開催とありますが、コロナウィルスの感染状況を考慮の上、開催を3月13日へと延期されましたのでご注意ください。

一方で、コロナ禍への感染対策とし、通常1テーブル10名を9名にし、入り口には消毒液を用意、当日の時間も例年より1時間短縮し、アルコールも乾杯プラス各テーブルに用意するワイン2本までとし、会員の皆さまの安心、安全を最優先とします。 

2022年が益々良い年となりますよう、まずは多くの皆様にご出席を賜り、盛大な総会を開催したい所存でございます。 皆様何卒、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

日時:
3月13日(日)午前11時集合、午前11時半開会、午後2時終了予定

場所:
San Antonio Winery, 737 Lamar Street, Los Angeles, California 90031
(323)323-1401
sanantoniowinery.com

参加費用:
2003年以前の卒業者本人            $60(早割)→$65(1月21日消印以降)
2004年~2013年卒業者本人 $50(早割)→$55(1月21日消印以降)
2014年以降の卒業者本人            $40(早割)→$45(1月21日消印以降)
◆同伴される方は一律$35(お子様も同伴可能ですがベビーシッターは用意しておりません。皆様の責任でご同伴ください。またお子様で食事をされる方は同伴者として参加費が必要です)。早割は本人のみです。
◆早割は2月28日までの消印有効とさせていただきます。
◆お申し込み後3月7日以降のキャンセルは料理手配都合上返却できません。

参加資格: ワクチン接種者に限らせていただきます。

式次第:
2022年度役員承認、2021年度活動報告・会計報告、新入会員紹介、
豪華ドアプライズ(外れくじは無し)、その他

申し込み締め切り:2022年3月7日 (早割は、2月28日までの消印有効)

申込、お問合せ:tomonkai.la@gmail.com

| | コメント (0)

2021/12/30

2021年度新人歓迎会 兼 忘年会のご報告

Unnamed_20211230155701

12月11日(土)、2年ぶりに新人歓迎会 兼 忘年会をガーデナのSea Empress Seafood Restaurantで開催いたしました。パンデミックを挟んでの本当に久しぶりの対面での会とあって、どのくらいの方が参加してくださるだろうかとの懸念もありましたが、当日は新人13名を含む、37名の方にご参集いただき、大盛況の会となりました!

新たにLA稲門会にご参加くださった新人の方々は、その年齢も経歴も多彩で、それぞれの自己紹介では歓声が湧き、和やかな笑いに包まれました。また会員のお子さん3人も参加され、2年の間にぐっと大きくなった姿に、この2年の歳月の経過を実感したりもいたしました。

会の最後は、皆で「都の西北」を斉唱。懐かしい顔ぶれ新しい顔ぶれの皆様との楽しい2時間はまたたく間に終了しました。
当日の様子は、こちらから写真をご覧いただけます。
https://drive.google.com/drive/folders/17WdHPe0XxGOerc3JMfXy8mZ8qGnF-xSP?usp=sharing

また当日は、鳴海俊子マーガレットさん、竹花晴夫さんよりご寄附を頂戴しました。お礼を申し上げます。

来年2022年はパンデミックが落ち着いて、LA稲門会のイベントもたくさん開催できることを願っております!皆様、どうぞお健やかに、佳いお年をお迎えください。 

| | コメント (0)

2021/09/22

留学生応援基金授与式ランチのご案内


先日、トーランスのIRIFUNEレストランでUSCへ留学をされている須藤敬吾さんへの留学生応援基金授与式ランチをおこなったのに続き、今回新たに受給資格者の加藤真さんへの授与式ランチを次の通り開催いたします。

加藤さんは2020年に文化構想学部を卒業し、CAL POLY POMONAのMASTERプログラムへ現在自費で留学中です。

期日:9月25日(土)
時間:午前11時半から午後1時まで(コロナ禍なので1時間半とします)
人数:8名(コロナ禍なので大人数での会食は避けます)
場所:KAMON SUSHI, 17855 Colima Road, City of Industry, CA 91748, TEL: 626-965-5895

自分がアメリカへ来た当初のことを思い出し、後輩の力になってあげていただけると嬉しいです。

サウスベイ方面で参加可能な方は、トーランス(182NDのニジヤ)に10:30に集合し、カープールで一緒に行きたいと思います。

宜しくお願いします。

 参加ご希望の方はtomonkai.la@gmail.comまでご連絡ください。

| | コメント (0)

2021/06/08

第36回南加大学同窓会対抗ゴルフ大会のご報告

第36回南加大学同窓会対抗ゴルフ大会が6月4日(日)晴天のもと行われました。

各校最高8名の参加プレーヤーから上位4名の合計スコアで団体戦の優勝が争われます。コロナ禍により去年の大会はキャンセル。今年の開催も危ぶまれていた中、各大学の幹事による多数決で開催する事が2月に決定しました。

プレーヤーの補強の為サンフランシスコ在住のローシングルプレーヤー臼坂さんに参加を要請、快諾を頂きました。加えて学生時代早稲田大学ゴルフ部で活躍された濱野崇君、竹下正彦君と合わせて3名のシングルプレーヤーの参加確定を取り付ける事が出来ました。そして常連の土屋氏、竹内氏。皆さんがいつも通りの調子を出せば優勝は十分射程圏内とチーム内では事前から盛り上がっていました。

結果は上位4名(臼坂、濱野、竹下、竹内)の合計スコア330。2位の慶応に6打差をつけるぶっちぎりの団体戦優勝といった素晴らしい結果を残す事が出来ました。また臼坂さんは76の高スコアで全プレーヤー中3位に入賞。

今回参加されたプレーヤーの多くは永住組ですのでこのメンバーで固めれば今後は常勝チームになる事も夢ではないですね。

以下が参加されたプレーヤーの皆さんです。敬称略
土屋三郎
竹内潤一
廣瀬祐二
臼坂たけし
濱野崇
竹下正彦
忽滑谷直樹

コロナ禍での大会開催と言った前例のない環境下で幹事校として奔走して頂き大会を成功に導いて下さった獨協大学の方々。彼らのお陰で我々の初優勝の感激があります。彼らの尽力を皆さんにも認識して頂ければ幸いです。

今後も早慶ゴルフ、早稲田クラシック等開催していく予定ですので皆さんもお気軽に稲門早稲田ゴルフクラブにご参加下さい。定期的にラウンドもしています。連絡は担当廣瀬(tomonkai.la@gmail.com)まで宜しくお願いします。

 

Thumbnail_20210608113501

| | コメント (0)

2021/04/30

オンライン朗読会

4月25日(日)午前10時から、オンライン朗読会を開催しました。朗読作品は井伏鱒二(母校文学部仏文科中退)の『鯉』と『山椒魚』、参加者は5名。

初めに、各自に簡単な自己紹介をお願いしたところ、「漢字が読めないかもしれない」「予習をしていないので、感想が纏まらないのが心配」との発言がありました。世話人としては、そのような危惧を払拭してもらいたく、「漢字は自分が思った読み方で構わない」「感想は思ったことをストレートに言って差し支えない」と前触れしました。

ウォーミングアップに『鯉』を朗読して、その後『山椒魚』に入りました。
感想の交換では、2つの作品を朗読したことで、作品の比較ができて、話しやすくなったと思われます。

また、世話人は、たまたま、会の準備をする中で、『山椒魚』の改変(著者は、昭和60年新潮社版自選全集発行の際、原作『山椒魚』から最後の17行[山椒魚と蛙の和解する場面]を削除)を知り、それを参加者に紹介したところ、感想交換にも弾みがついたようでした。

以下、当日の感想交換の一部を紹介します。

「『鯉』は、物語の起承転結の起伏がなく時間が流れる小津安二郎の映画のようで」「『山椒魚』は、コロナ禍で閉じ込められた生活をしている自分たちの心境にも通じるものがある」

「オリジナルを改変しない方がよいのではないのか」

「ビジュアル的に映画を見るように話のストーリーを単純に思い描いていたが、白い鯉も頭が肥大した山椒魚も人間関係を動物や生物に置き替えていて、人生の生き方、接し方、ひいては人間の醜い本能を描いたり、最終的には同じ仲間を作って思いやりを作っていこうとする姿勢が見えてきた」

「毎年訪れるワイフの実家に井伏の生家があり、福山文学館には彼の資料が展示、今回の作品は鯉やサンショウウオに人間を置き換える作風で、後年、多趣味な彼のグローバルな生き方に太宰はじめ多くの作家が慕ったのではないでしょうか?」

「日曜日の午前中というこの時間、文芸作品が『お経』のように響いてきて、静かな気持ちになり、何とも言えない落ち着いた気持ちになりました。次回の朗読会を今から楽しみにしています」

本朗読会は「学校の国語の時間を忘れましょう!」「誤読・脱線は大歓迎です!」をモットーに、母校出身作家の文芸作品の朗読と感想交換を通して、LA稲門会メンバー同士の親睦を図るべく企画しています。次回は10月24日(日)の予定。気軽にご参加ください。

オンライン朗読会世話人・宮原文隆

Thumbnail

| | コメント (0)

«2021年度(第67回)新年総会のご案内